記事

3 月19 日 藤沢工科高等学校で出前授業を実施

3 月19 日、神奈川県魅力ある建設事業推進協議会では、一般社団法人藤沢市建設業協会、一般社団法人神奈川県建築士事務所協会、神奈川県県土整備局建築住宅部などの協力を得て藤沢工科高等学校建築コース(2年生)約37 名を対象に建設業の役割や魅力を知ってもらうため、出前授業を実施した。

出前授業
藤沢市建設業協会が「社会・地域を支える地元の建設業」をテーマに建築と土木の違い、施工事例、協会の活動について講演。次に、県建築士事務所協会が「建築士という選択」をテーマに建築士の仕事内容、必要なスキル、今学ぶべきものを説明した。

パネルディスカッション

最後に、「建築という仕事の魅力」をテーマにパネルディスカッションを実施。パネリストは、県建築士事務所協会 大和田副会長、株式会社REAL 磯代表取締役、県住宅計画課 東國主査、県建築指導課 木戸主任技師の4名、コーディネーターは県建設業課 温泉川主事が務め、仕事の魅力・やりがい、建築士になるための勉強、仕事の休暇・給料などを討論した。

関連記事

ページ上部へ戻る