記事

3 月14 日 神奈川工業高等学校(1年生)で現場見学会を実施

3 月14 日、神奈川県魅力ある建設事業推進協議会は、大山・野州共同企業体等の協力を得て神奈川工業高等学校(1年生)約80 名に建設業の役割や魅力を知ってもらうため、川崎市にある(仮称)小杉小学校新築現場の現場見学会を実施した。

現場見学会
二班に分かれて、授業と見学会が行われ、授業では、工事概要、一般的な建築工事の流れ、高校時代に習得すべき知識や取得すべき資格等について、現場監督を行っている技術者による講義が行われた。また、現場見学では、工事は鉄骨建方の段階であり、学校の授業で習ったばかりの工程であったため、技術者に熱心に質問をする生徒もいるなど生徒の関心も高かった。
最後に鉄骨溶接部・鉄筋継手部の「探傷検査」の実演や生徒による検査機器の体験が行われた。

㈱大山組 ブログ https://ameblo.jp/ohyamagumi/entry-12360925978.html

関連記事

ページ上部へ戻る