記事

11月10日 川崎総合科学高等学校の出前授業・現場見学会を実施

11月10日、神奈川県魅力ある建設事業推進協議会では、㈱大山組・野州工業㈱、市建設業協会、露木建設㈱、神奈川県県土整備局などの協力を得て川崎総合科学高等学校2年生約名を対象に出前授業・現場見学会を実施しました。

現場見学会

見学会では、(仮称)小杉小学校新築工事を見学した。工事概要の説明、現場の案内は同校のOBの現場技術者が行ってくれた。生徒は、鉄骨の建て方、基礎枠組み、鉄筋工事の状況など先輩職員の説明に熱心に耳を傾けていた。

出前授業

授業では、露木建設㈱が「現場技術者の仕事について」講演した。内容は、建設業に入植したきっかけややりがい、現場の一日の流れなどについて丁寧な説明があった。その後、神奈川県県土整備局職員が「技術職員の魅力」について講演を行い、神奈川県の仕事、技術職の魅力、公務員試験制度を説明した。

関連記事

ページ上部へ戻る